05月≪   2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月   全記事

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  | 

2009年02月01日(日)

ネットワーク経由のコピーが遅い!(Windows Vista)

100MB 以上の大きなファイルのコピーを行うと、ファイル コピーの処理速度が遅くなることがあります。

エクスプローラ内部の動作が変更されているため、ファイル コピー処理に時間がかかることがあるようです。

ドライブ文字を割り当てている時と割り当てていないときではコピーの内部処理が違い、さらにTCP ウィンドウサイズを自動的に変更することでネットワークの性能を向上させていたり、NICのハードウエアオフロードを利用して性能を向上させていますが、全てのネットワーク カードでこの機能を利用することができません。

複雑な処理をしている関係で、使用するNICによってコピー処理の性能に相異が発生する可能性があります。

パフォーマンスが悪い場合いくつかの解決策がありますが、どれが最適かは環境によって異なります。

 

1.サイズの大きなファイルをコピーする場合、エクスプローラではなくコマンドプロンプトより Robocopy コマンドを使用します。 Robocopy /? で使い方を参照します。

Robocopy コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ(ファイル)

 

2.送信先のフォルダにネットワーク ドライブを割り当てます。 net use コマンドを使用してドライブを割り当てます。

Net use ドライブ名 送信先フォルダ

 

3.ネットワークの TCP ウィンドウサイズの自動調整機能を無効にします。 次のコマンドを実行します。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled

 

4.ネットワークカードのオフロードチェックサムの機能を有効にします。有効にする方法はNICによって異なります。

 

スポンサーサイト

Tips  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  | 

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://mm326.blog63.fc2.com/tb.php/40-ce86fa71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。